結婚式のプロフィールビデオ

post on 7月 13th, 2016

披露宴の始まりにオープニングビデオを流し、披露宴の途中でプロフィールビデオを流す人が多いです。オープニングビデオは、新郎新婦が入場する前に流します。披露宴会場がざわざわしていても、オープニングビデオを流すことで、新郎新婦入場が盛り上がります。そして、披露宴が始まると、プロフィールビデオが流れます。プロフィールビデオは、新郎新婦の生い立ちを流していきます。2人の子供の頃の写真から、現在までの写真をスライドショーで流していきます。社会人になってから新郎新婦と知り合った人や、会社の上司などに、自分たちのことを知ってもらうことができます。ゲストに招待している人と一緒に写っている写真を選ぶと、会場が盛り上がります。そして、新郎新婦が出会った頃や、2人で旅行に行った時の写真などを使うと、素敵なビデオに仕上がります。

結婚式でプロフィールビデオを流すのなら

自分達の結婚式でプロフィールビデオを流そうと考えているのであれば、プロの業者などに依頼して作成してもらう事をお勧めします。結婚式の準備というのは、なかなか忙しい事が多いです。結婚式の準備の為に時間をたっぷりととれるというのなら自分達で作るのもよいですが、なかなかプロフィールビデオに時間がかけられないという人も多いのではないでしょうか。また自分達で作成するよりも、やはりプロの方に依頼した方がよりよいものを作成してもらえる可能性が高いです。結婚式に来ていただいたゲストの方々に自分達の事を知ってもらう大事なビデオですので、ゲストの方達にいいプロフィールビデオだったと言われるようなものを作成してもらう事をお勧めします。しっかりと打ち合わせをした上で作成してもらう事ができますので、自分達の希望のものを作ってもらう事ができますので、大変お勧めです。

自作プロフィールビデオで節約

結婚式の余興、プログラムには様々なものがありますが、その1つにプロフィールビデオがあります。新郎新婦の生い立ちや出会いを映像にまとめたものですが、新郎新婦が中座している最中などによく流されます。結婚式場や二次会会場などが業者に発注し作成される場合もありますが、やはりそれなりに金額が必要です。結婚式だけでなく、新居やハネムーンなどに多くのお金が必要になるので、プロフィールビデオは自作し少しでも節約するカップルが多いようです。映像の自作は難易度が高いように思われがちですが、ビデオ作成のソフトとパソコンがあれば比較的簡単に作成が可能です。2人の写真や子ども時代の写真を順番に流すだけでも立派な映像になります。放映時間も5分から10分あれば十分でしょう。業者に頼んだプロ仕様の映像も良いですが、二人で作った温かみのある映像はきっとゲストを微笑ましい気持ちにさせることでしょう。

還暦や退職祝い、などの記念ビデオも制作いたします。 ただいま、早割キャンペーンとセット割キャンペーンを催しておりまして、最大6万円OFFのチャンスです。二次会場用の紹介ビデオも制作いたします。 当社ではお客様が利用されるプランごとに料金には違いがあるので、サイトを参考にしたうえでプランを検討して頂くことも可能です。 全国のウェディングプランナーさんにも好評です。 プロフィールビデオを披露宴で演出するならシネマチック